インプラント

こんな症状の場合にはインプラント

その他

 

入れ歯の不快感

入れ歯が合わずに不快感がある。

インプラントは、従来の入れ歯のようにプラスチックの床の部分がなく、人工的な歯根を埋め込む治療法のため合わないという不快感はありません。
機能的にも、審美的にも自然なご自分の歯のように蘇ります。

このページのトップへ

入れ歯をしてると食べ物の味や温度がわかりにくい。

入れ歯はプラスティックのような素材でできているため、どうしても食べ物の味や温度がわかりにくくなってしまいます。
食べ物の熱さがわからないために喉をやけどしてしまうということもあります。
インプラントは人工的な歯根を埋め込む治療法のため、まるで自然なご自分の歯のように食べ物をおいしく味わう事ができます。

このページのトップへ

入れ歯をしてるとしゃべりにくい。

歯は、会話をするためにも非常に重要な機能をもっています。
入れ歯が合わず、動いたり空気が漏れてしまうためしゃべりにくくなってしまい、無口になり、消極的な性格になったという人もいます。
インプラントは顎の骨に固定し動かないため、あたかも自分の歯のように自然にしゃべることが可能になります。

このページのトップへ

部分入れ歯を固定するバネが見えて、見た目が気になる。

多くの部分入れ歯の場合、入れ歯がなるべく動かないように残っている健康な歯にひっかけるバネが必要となります。
そのため見た目が悪く、またバネをひっかけている健康な歯に負担がかかります。
インプラントには人工的な歯根を埋め込むという治療法のため、固定するためのバネがありません。

このページのトップへ

入れ歯の隙間に食べ物がはさまる。

インプラントは歯根を埋め込み安定させるので、入れ歯やブリッジのように浮いて食べ物が挟まることがありません。
入れ歯やブリッジの隙間に食べ物が挟まってしまうと、口臭の原因にもなります。
インプラントはお口の中を清潔に保つことができます。

このページのトップへ

歯がない場合

虫歯が進行していたため抜歯をしました。またキレイな歯を取り戻したい!

キレイな歯を取り戻すことは可能です。機能性や審美性を考えるならばインプラントをおすすめします。
インプラントは入れ歯のように違和感がなく、機能的、審美的にも自然の歯のように蘇ります。
また、ブリッジのように周りの健康な歯を削ることもありませんので、できるだけご自分の歯を残していくことができます。

このページのトップへ

奥歯を抜歯後、抜けた歯をそのままにしていた。

奥歯は普段あまり見えないので抜けたままにしているという方もよくいらっしゃります。
しかし、周りの健康な歯に負担をかけたり、歯並びが悪くなり全身の健康にも影響を及ぼしてしまう可能性もありますので治療することをおすすめします。
周りの健康な歯に影響を及ぼしたり、負担をかけないためにもインプラント治療をおすすめします。

このページのトップへ

事故によって前歯が折れてしまった。

前歯が事故などにより根元から折れてしまった場合には、まずインプラントをおすすめします。
周りの健康な歯をそのままに機能的、審美的にご自分の歯のように蘇ります。
根元から折れたのでなければ、オールセラミッククラウンで治療することが可能です。

このページのトップへ

その他

食べづらい

多くの歯がなくブリッジを入れている場合、その支えている数少ない歯で噛む力を支えなければいけません。通常以上に負担がかかると近い将来、そのブリッジを支えている歯もダメになってしまう可能性があります。また、入れ歯で補っている場合は、入れ歯が完全に固定されていないためかむ力が20%程度に落ちてしまいます。 もちろん、温度や味を感じる力も弱くなってしまいます。
安心して美味しい食事を味わうには、インプラント治療が最適です。

このページのトップへ

ご相談・お問合せ

不安や疑問を残さず、何でも
気軽にご相談ください。

無料メール相談