インプラント > インプラントコラム

インプラントを長持ちさせる方法とは。

インプラントを長持ちさせる

入れ歯やブリッジと比べ、インプラント治療は多くの費用がかかりますが、メンテナンスをおこなえば、半永久的に自分の歯と同様に使うことができます。

施術に成功したインプラントの使い心地は、埋め込んでいることを感じさせないといいます。使い心地が良いと、使っていることをつい忘れがちになりますが「自分はインプラントを使っている」という自覚を持ち続けること、そして適切なメンテナンスをおこなうことが長持ちさせる秘訣です。

まず、家庭でできるメンテナンスと言えば、毎日の「歯磨き」です。自然な歯と同じ様に歯磨きをすることが、メンテナンスにもつながります。

インプラントは虫歯にはなりませんが、周囲の歯茎や骨が炎症を起こす『インプラント周囲炎』という病気にかかってしまう場合があります。

病気にかかってしまうと、組織は弱くなり、ガタガタになってしまうことがあります。ですので、歯磨きは通常のブラッシングだけでなく歯間ブラシを使って歯の間の汚れもキレイに取り除きましょう。

また、インプラントを維持する上で重要なのは、噛み合わせです。

噛み合わせは時間の経過とともに変化していくため、定期的なチェックをおこなう必要があります。

せっかく入れたインプラントを長く使用するために、ブラッシング等日常のケア。

そして、定期的な検診を心がけましょう。

コラム一覧はこちら

ご相談・お問合せ

不安や疑問を残さず、何でも
気軽にご相談ください。

無料メール相談