インプラント > インプラントコラム

インプラントが出来ない(施術を受けることができない)例。

インプラントが出来ない例

多くの方に適応することができるインプラントですが、身体の状態やコンディションによっては治療を受けることができない場合があります。

以下の条件に1つでも該当される方は、施術を受けることができません。

1. 重度な内臓疾患で現在も治療中の方。

インプラント治療は手術の一つです。当然、体への負担もまったく無いわけではないため、重度な内臓疾患を持たれる方には、施術を行った際の安全を保障することができません。

2. 糖尿病がかなり進行している方。

細菌感染による炎症は、術後のリスクとして多くなっております。そのため、殺菌に関する抵抗力が低い方、つまり糖尿病の方にとって細菌感染を炎症を発症する可能性がとても高くなっています。

(糖尿病の程度により、治療が可能な場合もございますので、糖尿病の方は歯科医師にご相談ください。)

3. チタンに対しても金属アレルギーを持たれる方

稀に、チタンに対してもアレルギー反応を起こされる方がいます。金属アレルギーをお持ちの方は、インプラントに使われる素材(チタン)に対してもアレルギー反応が出る場合がございますので、事前に検査を受けて下さい。

以上の条件に該当する方はごく少数ですが、自分が条件に該当している場合はまず歯科医師に相談しましょう。

コラム一覧はこちら

ご相談・お問合せ

不安や疑問を残さず、何でも
気軽にご相談ください。

無料メール相談