インプラント > 会員紹介

むとう歯科クリニックの日本インプラントセンター会員紹介

むとう歯科クリニック

武藤 拓也

院長

武藤 拓也

平成6年関西学院大学法学部法律学科卒業
平成6年〜9年建材メーカーに勤務
平成11年岡山大学歯学部入学
平成17〜18年ヨリタ歯科クリニック勤務
平成18〜24年ゆめはんな歯科クリニック院長
 

むとう歯科クリニックはJR東海道本線吹田駅から徒歩2分の場所とアクセスが良く、通院にたいへん便利です。当院はむし歯や歯周病などの一般歯科治療はもちろん、インプラント、審美歯科などにも対応しているので、患者さんの様々なお口の悩みに対し対応することができます。患者さんからお口に関する悩みを聞いていると本当に色々なケースがあり、常に最善の治療方法を考えながら患者さんにご提案するように心がけています。その中の一つの改善策としてインプラントは優れた治療法のひとつだと思っています。当院は、全ての治療において「安全」を最重要視いたします。具体的にはCTを完備して、オペをおこなう前に綿密な検査をおこなったり、清潔な環境の専用のオペ室で処置をおこなうことで感染症などのリスクをなくすなどの対策をおこなっています。また、恐怖心の強い方にはオペの時にセデーション(静脈内鎮静法)をおこなう事も可能です。当院ではコミュニケーションをしっかりと図り、患者さんの希望に沿った形の治療が提供できるように心がけています。インプラント治療は皆さんが思っているほど恐い治療法ではありませんので、まずはお気軽に相談されてみてはいかがでしょうか。

地図・アクセス

〒564-0031
吹田市元町4−8名匠医館3階
TEL:06-4860-0648
受付時間:9:30〜13:00 14:30〜19:30
(※土曜日は9:30〜17:30)
休診日:木・日

クリニックHP
 

最寄駅 JR東海道本線 JR吹田駅 徒歩2分
自転車でお越しの方は医院下に駐輪場有

 

院長Q&A

貴院のインプラント治療の特徴は?

インプラントというと、埋入のオペにばかり目が行きがちですが、私はそれと同様に、いやそれ以上に大切だと考えているのが術前の診査、診断と術後のメインテナンスです。オペの成功の大部分は術前の診査、診断にかかっています。そしていくらきれいに埋入されたインプラントでも術後の管理が悪いと長持ちしません。長期安定をしないインプラントならやらない方がましだと考えています。だから、手っ取り早くインプラント治療を行い、後もメインテナンスをするのは嫌、と言われる方には当院でのインプラント治療はお勧めできません。長いお付き合いで生涯管理していくつもりで一つ一つのオペに取り組んでいます。

インプラント治療を志したきっかけは?

学生時代にまだ、それ程、一般的でなかったインプラントのオペを口腔外科で見学する機会がありました。歯がない所に天然のものと変わらない様な治療が出来る、というので夢の様な治療だ、と思い、自分でもやってみたい、と思うようになりました。実際に勉強をしていくと、インプラントも万能ではなく、しっかりとした知識・技術を身に付けた術者とインプラントの特性をちゃんと理解した患者様が行わないといけない事も分かってきました。知れば知る程、インプラントの魅力と可能性に夢中になっていきました。

インプラント治療をおこなうにあたって大切にしていることは?

インプラントをして、快適な生活を取り戻せる、ということは勿論大切ですが、そこに万に一つでも危険が伴ってはいけない、と思っています。だから、当院ではCTを完備し、術前の精密な診査を行い、徹底して清潔な環境を保つため、専用のオペ室を用意しています。安全性、感染対策はインプラント治療における絶対条件だと考えています。

インプラント治療をお考えの患者さんにメッセージを!

私はインプラント治療が唯一絶対の治療とは考えていません。治療法として優れているとは思いますが、全ての方を幸せにする、とは考えていません。もし、あなたがインプラント治療にご興味を持たれているとすれば、まず、一度じっくりとお話をする時間を下さい。その上で本当にインプラント治療があなたにとってベストな治療だという答えに辿り着いたなら、そして、他の選択肢に辿り着いても、私は全力を尽くします。

このページのトップへ

ご相談・お問合せ

不安や疑問を残さず、何でも
気軽にご相談ください。

無料メール相談